市販の白髪染めの注意点

Posted by admin on 1月 3, 2014 in 未分類 |

危険な場合もある白髪染め
店頭で販売されている白髪染めの使用には危険性もある事を認識して下さい。
市販の白髪染めには酸化化合物が含有されており、この化学物質が毛髪を痛めたり体質によっては、頭皮や肌の弱い部分に発心やハレが出たりします。
白髪染めを選ぶときには髪の毛や頭皮に安全な商品か注意を払う必要があります。
体質が白髪染めの染料成分に合わないとアレルギー症状起こす事があります。
このような化学物質に対する危険性が無い安心の商品もあります。
髪の毛や頭皮に安全なお勧め商品として人気の高い白髪染めに「利尻ヘアカラートリートメント」あります。
利尻ヘアトリートメントの商品情報
*北海道産の利尻昆布の成分と植物の天然色素を使っており自然な染め上がりが期待できます。{クチナシ、ウコン、アナトー、シコン}
*天然物由来の成分なので素手でそのまま取って使えます
利尻ヘアカラートリートメント
価格:3,150円{税込」
容量: 200g
使用方法と注意点
市販の白髪染めには化学物質が使われているので髪の毛や頭皮が痛む事があります。
*市販の白髪染めでは、事前に化学物質に対するアレルギー反応を調べるためのパッチテストを説明書の手順にしたっがて48時間{2日}前に始めて下さい。
使用に際しての注意点    
白髪染めは正しい使い方と手順で使用することで白髪染めの染まり具合が違ってきます。*使用前には、家具や他の繊維品などに色が飛んで付かない様に注意して下さい。
*白髪染めを髪に塗る時の服装には注意を払ってください。
*頭からすっぽり被る衣類は染料を塗った後脱げなくなります。
*事前に2剤タイプの白髪染め剤の場合は先に混ぜておきましょう。
*染料を塗布する前に、ヘアクリップ、ヘアーバンドで髪を両サイドと後ろに分けてブロッキング{束ねる}します。
*ヘアケアのために、タオルドライとドライヤーは優しく使ってください。
下準備として下記のものを用意しておきます。
タオル、ティッシュ、鏡、ヘヤーキャップ、ヘアクリップ、ヘアーバンド、時計、ゴム手袋、ドライヤー

Reply